腹筋ローラー 毎日

腹筋ローラーは正しい頻度でこそ効果を実感できる

毎日できてしまうような筋トレは効率的なトレーニングとは言えません。筋トレとは鍛えたい筋肉を疲弊させること。疲弊した筋肉が回復してはじめて筋トレの効果が実感できます。

 

しかし、毎日の筋トレは筋肉の回復を阻害します。回復されない筋肉に連日負荷を与えても強くなる(筋肥大する)どころか、筋肉は弱くなってしまします。効率的に筋肉を鍛えるためにも腹筋ローラーは週に2〜3回でも十分に効果的なトレーニングです。

 

腹筋ローラーはとても負荷の強い筋トレ器具ですので、毎日やるのではなく筋肉の回復を待って適切な頻度で行うようにしましょう。

 

おすすめの筋トレ器具「腹筋ローラー」はこちら!

 

おすすめは週に2〜3回

腹筋ローラーのおすすめの頻度は週に2〜3回。基本は2〜3日置きのトレーニングですが、筋肉の回復が遅かったり、疲れが溜まってきているようなときには1週間くらいの連続した休みをとっても問題ありません。

 

さすがに週1のトレーニングでは頻度が低すぎますが、毎日筋トレして筋肉が回復する暇を与えないような筋トレよりは断然効果的なトレーニング頻度です。無理をして毎日筋トレをするのではなく、適切な筋トレ頻度で「筋トレを習慣化」させることが肉体改造(ボディメイク)成功の秘訣になります。

 

毎日やるよりも確実に追い込むことの方が重要

筋トレは「毎日できてしまうトレーニング」では効率的に筋肉を鍛えることはできません。正しいトレーニングができていれば「毎日できない」のが正常なのです。毎日できてしまうようであれば負荷もしくは運動量が少なすぎると考えましょう。

 

効率的な筋トレとは、連日の筋トレよりも1回の筋トレの質を上げることです。筋トレ日には確実に筋肉を追い込み、休養日はしっかり休む。そんなメリハリが大切です。

 

毎日、腹筋ローラーをやるのはおすすめしません!

疲れが溜まってきているときは休むこと

週に2〜3回の筋トレ頻度でも、疲労が蓄積してカラダが重くなってくることがあります。そんな時は無理をせず、1週間ほど筋トレを休んでしっかり休養することも筋トレテクニックのひとつです。

 

どうしてもカラダを動かしたい場合は軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を中心にして、腹筋ローラーなどの筋トレ(無酸素運動)は行わないようにしましょう。

 

頻度が落ちてでも継続することの方が大切

腹筋ローラーはとても強い負荷の筋トレですので、毎日行うというのは無理があります。また、一時的につらいトレーニングをして筋トレに嫌なイメージを持ってしまうと継続することが難しくなってしまうので筋トレは適切な頻度で行うことをおすすめします。

 

多少、筋トレ頻度を落としてでも「筋トレを習慣化」させることが大切です。あまり無理をせず、軽い気持ちで続けていきましょう。

おすすめアイテムはこちら!(amazon)

いちばん人気の腹筋ローラーはこのタイプです。ダブルホイールでバランスを取りやすいことやラバータイプなので床にキズをつけにくいところがポイントです。


価格はスタンダードタイプよりも数百円高いのですが、床のキズ防止のマットなどを購入することを考えればラバータイプの方が安く抑えられるのかもしれませんね!?

わたしはこのタイプを所有しています。大型スポーツ店舗などで1000円前後で販売されているタイプです。amazonだともう少し安いみたいですね。


以前はベランダで使用していたのでこのタイプを購入したのですが、ホイールがゴツゴツしているので柔らかいフローリングでは使用できません。室内で使用するならラバータイプをおすすめします。

普通の腹筋ローラーの動きに加えて胸(大胸筋)を鍛えられるローラーです。ダンベルフライと同等のトレーニングが可能なので腹筋ローラーでは物足りなくなってきている人にはおすすめです。


しかし、トレーニングするためにはある程度のスペースが必要になりますので、自宅トレーニングの場合には注意が必要です。(通常の腹筋ローラーに使用するスペースに加えて、腕を広げられる程度のスペース)