腹筋ローラー 効果 部位

腹筋ローラーで効果のあった部位は?

腹筋ローラーでの筋トレにはいくつかの段階があります。普通に膝をついて行う膝コロから、立った状態からローラーを転がす立ちコロまでの段階です。最終的に行う立ちコロでは「ほぼ全身を鍛えられる」といっても過言ではありません。

 

まず、膝コロではお腹(腹直筋)・背中(脊柱起立筋、広背筋)・腕(上腕三頭筋・三角筋)などの筋肉を鍛えることができます。立ちコロになると膝コロで鍛えられる筋肉への負荷が強くなるのに加えて脚(大腿四頭筋)などへの刺激もプラスされます。

 

おすすめの筋トレ器具「腹筋ローラー」はこちら!

 

立ちコロならほとんど全身運動

立ちコロができるようになってくると腹筋ローラーだけでもそれなりのカラダを作れるようになります。というか、立ちコロができるようになる頃には「それなりのカラダ」になっていることでしょう。

 

一般的に女性受けするくらいのスタイルであれば腹筋ローラーだけでも作り上げることができます。腹筋ローラーだけでは満足できない部分はピンポイントに筋肉を刺激する筋トレ種目で理想のカラダを目指してください。

 

おすすめは腹筋ローラー+プッシュアップバー

腹筋ローラーだけでは負荷が弱く鍛えられない部位。それが胸の筋肉(大胸筋)です。厚い胸板は人気のある部位でもあるので余裕があればプッシュアップバーを用いた腕立て伏せで鍛えることをおすすめします。

 

プッシュアップバーは腕立て伏せの可動範囲を広げて大胸筋への刺激を強くする筋トレ器具です。とても効果的ですので腹筋ローラー同様に買って損をすることはありません。1000円程度で購入できる価格の安さも魅力ですね。

 

腹筋ローラーでの筋トレを実施してみて感じること

意外とバランスよく鍛えられるのでおすすめ

はじめは腹筋だけを鍛えるものだと思って購入した腹筋ローラー。実際に使っていくうちに多くの筋肉を使う筋トレ器具だということに気がつきました。正直、自宅での筋トレは腹筋ローラーとプッシュアップバーさえあれば問題ないのではないかと思うほどです。

 

胸の筋肉(大胸筋)や下半身の筋肉には役不足か?

おすすめの腹筋ローラーですが、胸の筋肉(大胸筋)に対しての刺激はそれほどではありません。バランスの良いカラダを作るためには胸のトレーニングは欠かせないものですので、余裕があれば腕立て伏せなどの種目を加えることをおすすめします。

 

また、脚のトレーニング(スクワットなど)は大きな筋肉を刺激するのでダイエットには欠かせないものです。体脂肪を落とす必要がある場合には適宜取り入れていきましょう。

おすすめアイテムはこちら!(amazon)

いちばん人気の腹筋ローラーはこのタイプです。ダブルホイールでバランスを取りやすいことやラバータイプなので床にキズをつけにくいところがポイントです。


価格はスタンダードタイプよりも数百円高いのですが、床のキズ防止のマットなどを購入することを考えればラバータイプの方が安く抑えられるのかもしれませんね!?

わたしはこのタイプを所有しています。大型スポーツ店舗などで1000円前後で販売されているタイプです。amazonだともう少し安いみたいですね。


以前はベランダで使用していたのでこのタイプを購入したのですが、ホイールがゴツゴツしているので柔らかいフローリングでは使用できません。室内で使用するならラバータイプをおすすめします。

普通の腹筋ローラーの動きに加えて胸(大胸筋)を鍛えられるローラーです。ダンベルフライと同等のトレーニングが可能なので腹筋ローラーでは物足りなくなってきている人にはおすすめです。


しかし、トレーニングするためにはある程度のスペースが必要になりますので、自宅トレーニングの場合には注意が必要です。(通常の腹筋ローラーに使用するスペースに加えて、腕を広げられる程度のスペース)