腹筋ローラー 効果ない

腹筋ローラーには効果がない!?

腹筋ローラーに効果がない。そう思ったあなたは「すでに相当の筋力があり腹筋ローラーの負荷では足りない」もしくは「間違ったフォームで筋トレしているので筋肉を刺激することができていない」のどちらかです。

 

前者ならウエイトトレーニングをおすすめします。しかし、後者なら改善の余地があるのであきらめてしまうのはもったいないことだと思います。また、テンポコントロールやセット間インターバルによっても効果は変わってきますので筋トレの知識やテクニックを学ぶことは無駄ではありません。

 

友人に「腹筋ローラーが効かない」と相談を受けたことがあるのですが、彼の場合は腕を伸ばさずに頭の下あたりを転がしているだけでした。まあ、はじめての筋トレだったらしいのでありがちな間違いなのかもしれませんね?

 

おすすめの筋トレ器具「腹筋ローラー」はこちら!

 

筋トレのテクニックを応用する

腹筋ローラーに限らず、自重での筋トレからウエイトトレーニングまで全ての筋トレが効果的になる共通するポイントがあります。それが、、

 

  • 筋トレのフォーム
  • 筋トレのテンポコントロール
  • 切り返しの反動やあおり
  • 可動範囲

 

腹筋ローラーが効かないと思ったらまずは自分の筋トレ風景を動画撮影することをおすすめします。動画を撮ることによってフォーム・テンポ・可動範囲など、ほぼ全てのポイントをチェックすることができます。

 

大きなカラダになりたいのであれば腹筋ローラーでは役不足

もし、大きなカラダ(格闘家のようなカラダ)を目指しているのであれば腹筋ローラーだけでは役不足です。すぐにでもダンベルとフラットベンチ、もしくはジムトレーニングに移行することをおすすめします。

 

腹筋ローラーはあくまでお腹(腹直筋)や背中(脊柱起立筋)に負荷をかける筋トレ器具です。胸板(大胸筋)や下半身の筋肉を大きくすることは不可能です。

 

腹筋ローラーはとても効果的!細マッチョを目指すならベストチョイスだと思う

気軽な自宅筋トレの器具としてはとても優秀

一般的な自宅での筋トレ(ダンベルやフラットベンチを使わない筋トレ)といえば、腕立て伏せ・腹筋・背筋・スクワットなどです。しかし、それらの筋トレだけで筋肉を追い込むためには時間をかけて回数をこなさなければなりません。

 

多くの人は挫折しますよね…。そんな時におすすめなのが腹筋ローラー。バランスよく鍛えられるうえ、負荷が強いので自宅での筋トレ器具としてはとても優秀です。

 

細マッチョ、基準は様々ですが…。

腹筋ローラーは細マッチョを目指すなら最適な筋トレ器具です。と言いたいところですが、細マッチョの基準は人それぞれ、「ただ体脂肪率の低い人」を細マッチョという人もいれば、「格闘家のようなカラダ」を細マッチョと呼ぶ人もいます。

 

正式な基準がないので難しいところです。私は「一般的に女性受けの良いカラダ」が細マッチョだと思っています(正確には思うようにしています)。そう考えると、腹筋ローラーだけでも細マッチョになることは可能です。プッシュアップバーがあればなお可です。

おすすめアイテムはこちら!(amazon)

いちばん人気の腹筋ローラーはこのタイプです。ダブルホイールでバランスを取りやすいことやラバータイプなので床にキズをつけにくいところがポイントです。


価格はスタンダードタイプよりも数百円高いのですが、床のキズ防止のマットなどを購入することを考えればラバータイプの方が安く抑えられるのかもしれませんね!?

わたしはこのタイプを所有しています。大型スポーツ店舗などで1000円前後で販売されているタイプです。amazonだともう少し安いみたいですね。


以前はベランダで使用していたのでこのタイプを購入したのですが、ホイールがゴツゴツしているので柔らかいフローリングでは使用できません。室内で使用するならラバータイプをおすすめします。

普通の腹筋ローラーの動きに加えて胸(大胸筋)を鍛えられるローラーです。ダンベルフライと同等のトレーニングが可能なので腹筋ローラーでは物足りなくなってきている人にはおすすめです。


しかし、トレーニングするためにはある程度のスペースが必要になりますので、自宅トレーニングの場合には注意が必要です。(通常の腹筋ローラーに使用するスペースに加えて、腕を広げられる程度のスペース)