筋トレ 腹筋ローラーだけ

腹筋ローラーだけを続けると…。

腹筋ローラーだけでも細マッチョになれるのか?という疑問は、自宅トレーニーで腹筋ローラーを購入した人なら誰もが考えることだと思います。しかし、純粋に腹筋ローラーだけしか使っていないという人は少なく、探しても見つけることはできませんでした。

 

当サイトに載せている私の画像は腹筋ローラーとプッシュアップバーで鍛えたものです。しかもプッシュアップバーはほとんど使っていません。限りなく腹筋ローラーだけで鍛えたカラダということになります。そう考えると、腹筋ローラーだけでもそれなりにバランスの良いカラダを作ることができると言っても問題はないかと思います。

 

おすすめの筋トレ器具「腹筋ローラー」はこちら!

 

理想的には胸と脚の筋トレを加える方がいい

腹筋ローラーだけでもある程度の見た目を作ることは可能だと考えています。しかし、どうしても腹筋ローラーだけでは心もとない部位があります。それが胸の筋肉(大胸筋)と脚の筋肉です。脚の筋肉を鍛えるかどうかは人それぞれですが、見栄えのするカラダを作るためには胸の筋肉を鍛えないわけにはいきませんよね?

 

そこで、おすすめなのが腹筋ローラーに加えて腕立て伏せを行うことです。腕立て伏せは胸の筋肉を中心としてその他様々な筋肉を刺激できるので自宅での筋トレでは効果的なトレーニングです。また、腕立て伏せにはプッシュアップバーを使用するとより効率的に胸の筋肉(大胸筋)を刺激することができます。

 

見た目の変化が表れるのには時間がかかるので…。

腹筋ローラーだけのトレーニングをしていると「腹筋ローラーだけでは効果がないのでは?」と、不安になってくるはずです。そんな弱気な気持ちになると新しい筋トレ器具に目移りしてしまうもの…。「腹筋ローラーだけで鍛える」と決めたならば最低でも2〜3ヶ月間は継続することにしましょう。

 

筋トレ習慣のなかった人が3ヶ月続けることが出来れば、必ずカラダは変化します。

 

腹筋ローラーでの筋トレをより効果的にするために

鍛えている筋肉を意識することが大切

簡単そうに見える腹筋ローラーでの筋トレですが、ウエイトトレーニングなどと同様で鍛えている筋肉を意識することが重要です。ローラーを転がしているときにどこの筋肉に刺激があるのか?腹筋に負荷をかけるためにはどのようなフォームでローラーを転がせばいいのか?など、考えながらトレーニングすることで効果的な筋トレができるようになります。

 

筋トレ以外の、食事や睡眠の重要性

筋トレをはじめるとトレーニングばかりに集中しがちです。しかし、カラダを鍛えるということはトレーニング・栄養・回復のどれが欠けても効率的に成長させるということはできません。トレーニング以外の2つの要素を真面目に考えることでトレーニング効率を飛躍的に上げることができます。

おすすめアイテムはこちら!(amazon)

いちばん人気の腹筋ローラーはこのタイプです。ダブルホイールでバランスを取りやすいことやラバータイプなので床にキズをつけにくいところがポイントです。


価格はスタンダードタイプよりも数百円高いのですが、床のキズ防止のマットなどを購入することを考えればラバータイプの方が安く抑えられるのかもしれませんね!?

わたしはこのタイプを所有しています。大型スポーツ店舗などで1000円前後で販売されているタイプです。amazonだともう少し安いみたいですね。


以前はベランダで使用していたのでこのタイプを購入したのですが、ホイールがゴツゴツしているので柔らかいフローリングでは使用できません。室内で使用するならラバータイプをおすすめします。

普通の腹筋ローラーの動きに加えて胸(大胸筋)を鍛えられるローラーです。ダンベルフライと同等のトレーニングが可能なので腹筋ローラーでは物足りなくなってきている人にはおすすめです。


しかし、トレーニングするためにはある程度のスペースが必要になりますので、自宅トレーニングの場合には注意が必要です。(通常の腹筋ローラーに使用するスペースに加えて、腕を広げられる程度のスペース)